失敗しない缶バッチ制作のテクニック!専門家への依頼方法

缶バッチ

制作する缶バッチのサイズについて

オリジナル缶バッチの制作をする場合には業者に依頼すると綺麗に作ってもらえますが、缶バッチのサイズも色々と選ぶことができるのです。業者によって色々と違ってくるのですが、具体的にはどのような大きさのバッチが作れるのでしょうか。
小さいものであれば22㎜のバッチから作成することも可能です。ボタンサイズくらいの可愛い小さなバッチなので、凝ったデザインのものには向きませんが、アイコンや単純なデザインのもので作るのにはいいでしょう。安価で人気があるのが、25㎜の缶バッチです。販促物やノベルティなどとしての需要も高く、ネームバッチとしても制作されることが多いようです。
一番人気がある大きさは、32㎜の缶バッチです。ファッション小物として使うのにもちょうどいい大きさで、カバンや帽子などに付けるのに最適な大きさです。適度な大きさがあるので、幅広いデザインに対応できるのも魅力的なとことでしょう。57㎜の缶バッチになると、大きさが出てくるのでトートバッグなどに付けて目立つおしゃれを楽しめます。
更に大きなものになると、76㎜の缶バッチというのも制作できます。大きさがある分色々な情報を缶バッチにデザインすることができるので、広告としても多いに役立つでしょう。このように、缶バッチは様々な大きさに対応して作ることが可能なのです。

UPDATE ARTICLE