失敗しない缶バッチ制作のテクニック!専門家への依頼方法

缶バッチ

様々なデザインプラン

缶バッチ制作と一口に言ってもデザイン法は様々です。基本的にはネットから注文することになりますが、いくつかの方法が存在しています。
オーソドックスなのは画像制作ソフトを使ってデータをアップロードするという方法です。これは使い慣れたソフトでデザインを作れるため、絵をよく描く人にオススメのやり方です。注意しなければならないのは業者によってファイル形式が異なることで、よく確認しておかないとせっかく作ったデータが納品できないということになりかねません。
また業者によっては入稿用のテンプレートを用意していることもあり、これに沿ったデザインを作らないと受け付けてもらえないこともあるので注意しましょう。
次にデータをメールで送信するという方法もあります。メールにデザインデータを添付して業者に送りつけるため、あまりにもデータが大きいと遅れないこともあるので注意が必要です。
さらに手書きのイラストや写真等を缶バッチのデザインとして使うことも可能です。思い出の写真を缶バッチとして残すことが出来るため、味わい深いものを制作できるでしょう。もちろん業者によっては手書きや写真に対応していないこともあるため、よく確認する必要があります。

UPDATE ARTICLE