失敗しない缶バッチ制作のテクニック!専門家への依頼方法

缶バッチ

デザインはどうする?缶バッチ制作の方法

缶バッチは、プレミアム品によく利用される品です。オリジナルのデザインをプリントして配布すれば宣伝になり、制作費用も安めなので、利用しやすいプレミアム品としておすすめです。実際に作る場合は、缶バッチ制作の専門業者にお願いするのがおすすめです。オンラインで発注でき、制作から納品まですべて行ってくれます。しかし気になるのが、そのデザインです。
多くの缶バッチの制作業者では、そのデザインは自作してデータを入稿する形になっています。ロゴやキャラクターなどのデザインで缶バッチを作成する場合は、既にあるデータを利用して、オンライン入稿で制作してもらえます。そのようなデータ準備がない場合には、各々の業者が準備しているデザインソフトで制作して入稿します。缶バッチにプリントするために必要となる、制作ポイントが記載されていますからその指示に従って作成してみましょう。
一方、デザイン自体を一から書き起こしてくれる業者もありますから、パソコンに慣れていない人でも缶バッチ制作は可能です。もちろん有料になりますが、手書きの図案などを送ることでそれを元にデータ作成してくれます。デザインの出来上がりの確認や修正も行ってもらえますから、デザインデータがない場合でも思い通りの缶バッチが作れるでしょう。

オリジナルの缶バッチ制作

缶バッチは服やカバンにつけたりなど、ワンポイントファッションとして楽しむことができるアイテムです。サイズ自体はそこまで大きくはないものの、人目を惹くことに変わりはありません。一つ二つとつければ、オシャレさに拍車もかかります。
手軽にオシャレさを演出できるのも缶バッチならではの魅力です。何個も組み合わせられるので、オリジナリティさを発揮するのもそう難しい話ではありません。
ですがどうせオリジナリティを発揮するのであれば、オリジナルデザインの缶バッチを作ってみるのも良いかもしれません。最近はネットからでもオリジナル缶バッチの注文ができるため、わざわざお店に足を運ぶ必要もありません。
自らの手でイラストを描いてデータを入稿したり、あるいはテンプレの中からデザインを選んだりなど、方法は様々にあります。テンプレから選ぶ方法なら、絵の描けない人でもクオリティの高いデザインを制作できるためオススメです。
テンプレは缶バッチの制作業者によって変わってくるため、自分好みのイラストを用意しているところでデザインを作ってみると良いでしょう。デザインさえ決まれば、後は制作が完了するのを待つだけですので、デザイン作りには時間をかけると良いでしょう。

缶バッチ制作は好みに応じて選べ

缶バッチにはいろいろな種類があります。たとえばマグネットタイプやストラップ型などです。通常のバッチタイプと違い、磁石で貼り付けたり、カバンや携帯などにぶら下げることができるため、活躍の場も広がります。
他にもサイズや形など異なる部分はたくさんあるため、好みに応じて選ぶのがベストです。全ての好みを反映させたいのであれば、オリジナルの缶バッチを制作するのが一番です。もちろん制作業者によって対応できない部分もありますが、それでもある程度は理想に近いものを作ることは可能です。
こだわりがあまりないのであれば簡易的なもの、こだわり派の人はフルオーダータイプのものを選ぶと良いでしょう。フルオーダーは費用が高くなる傾向にありますが、その分満足のいくものが制作できますので、完全オリジナルの缶バッチが欲しい人にはオススメです。
またバッチかマグネット、ストラップにするかは使用用途に応じて決めるのが良いです。たとえばアクセサリーとして使うだけならストラップ、ワンポイントアイテムとして使いたいならバッチといった具合です。
使用用途によって適切な形状は少々異なってくるため、制作前に一度シミュレーションしてみると良いでしょう。


形も様々な缶バッチ制作を行ってくれる【SIX CENT PRESS】で制作依頼をしてみましょう!初回限定キャンペーンで缶バッチをプレゼントしてくれるサービスも実施しております!失敗なく美しい缶バッチ制作ならお任せください!

UPDATE ARTICLE